図解でわかる危険物取扱者講座

消火設備 - 5つの消火アイテム

消火設備

消火設備とは、製造所等火災を有効に消火するための設備のことです。第1種から第5種まであり、規模の大きな設備から小さな設備の順に指定されています。

スポンサーリンク

第1種消火設備

屋内消火栓設備と屋外消火栓設備の2種類があります。

第1種消火設備には、屋内消火設備と屋外消火設備があります。

屋内消火設備(おくない しょうかせん せつび)は、屋内の火災を消化するための装置です。放水性能に優れているため、消火器では消火困難な火災に威力を発揮します。

屋外消火設備(おくがい しょうかせん せつび)は、屋外から消火活動を行うための設備です。火災が発生している建物だけでなく、隣接している建物にも放水できるため、延焼防止を図ることもできます。

第2種消火設備

スプリンクラー設備が指定されています。

第2種消火設備には、スプリンクラー設備があります。

スプリンクラー設備は、天井に設置された消火設備で、熱に反応すると噴出口から自動的に散水されます。高層建築物や地下街の様に消火困難な場所に設置されます。

第3種消火設備

水蒸気水噴霧二酸化炭素ハロゲン化合物消火粉末を放射する消火設備があります。

第3種消火設備

スポンサーリンク

第4種消火設備

大型消火器が指定されています。

第4種消火設備には、大型消火器があります。

大型消火器は、小型消火器と比べ大きいので、運びやすい様に車輪が取り付けられています。

第5種消火設備

小型消火器乾燥砂(かんそうすな)、水槽(すいそう)、水バケツ(みずバケツ)が指定されています。

第5種消火設備には、小型消火器、乾燥砂、水槽、水バケツがあります。

以上をまとめると、下の一覧表の様になります。

消火設備 種類
第1種消火設備 屋内消火栓設備
屋外消火栓設備
第2種消火設備 スプリンクラー設備
第3種消火設備 水蒸気消火設備
水噴霧消火設備
泡消火設備
二酸化炭素消火設備
ハロゲン消火設備
粉末消火設備
第4種消火設備 大型消火器
第5種消火設備 小型消火器
乾燥砂
水槽
水バケツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク