図解でわかる危険物取扱者講座

保安講習 - 合格後に受ける講習

保安講習とは、正式には『危険物の取扱作業の保安に関する講習』といいます。『危険物の取扱作業に従事』している危険物取扱に受講する義務があります。

保安講習

よって、危険物取扱者の資格を持っていても『危険物取扱作業を行っていない場合』や、逆に危険物取扱作業に従事していても『危険物取扱者の資格をもっていない方』は、受講する必要はありません。

危険物取扱者の資格を取って日がたってしまうと、保安講習のことは忘れがちになってしまいますが、忘れずに受けましょう。

スポンサーリンク

サイクル

基本的には、危険物取扱者の免状が交付された日、または保安講習の受講日から3年以内ごとに受講する必要があります。

ただし、以下の場合はちょっと複雑になります。

新たに危険物の取扱作業に従事する者

新たに従事する日から1年以内受講し、その後は3年以内ごとに受講します。

新たに危険物の取扱作業に従事する者で過去2年以内に危険物取扱者の免状の交付または保安講習を受けている者

免状の交付または受講した日から3年以内に受講し、その後は3年以内ごとに受講します。

危険物の取扱作業に従事しなくなった者

受講する義務はありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク