図解でわかる危険物取扱者講座

金属粉

金属粉

金属粉(きんぞくふん)とは、金属の粉末のことです。粉状であるため、空気との接触面積が大きく、燃えやすい性質があります。

消防法における金属粉は、次の様に定義されています。

金属粉の定義

アルカリ金属、アルカリ土類金属、鉄及びマグネシウム以外の金属の粉で、目開きが150μmの網ふるいを50%以上通過するもの。ただし、銅粉(どうふん)やニッケル粉は除外される。

除外されている金属についても確認してみましょう。

アルカリ金属とアルカリ土類金属」は第3類危険物で指定されています。また、鉄は「鉄粉」として、マグネシウムは そのまま「マグネシウム」として第2類危険物で指定されています。

これらの物品は、別のカテゴリで指定されているというわけですね。

スポンサーリンク

このページで紹介するのは、アルミニウム粉(アルミニウムふん)と亜鉛粉(あえんふん)です。

アルミニウム粉と亜鉛粉

共に両性金属であるため、だけではなくアルカリにも反応して、可燃性の水素ガスを発生させるという危険な性質を持っています。

それぞれの物品の特徴、火災予防の方法、消火の方法は次のようになります。

アルミニウム粉 Al

アルミニウム粉(アルミニウムふん)は、塗料として用いられたり、指紋の検出に使われることがあります。

指紋

特徴

  • 銀白色(ぎんはくしょく)の粉末である。
  • 水より重い。(液比重2.7)
  • にもアルカリにも溶け、水素を発生する。(両性金属である。)

アルミニウムは、酸ともアルカリとも反応します。

  • と反応して、水素を発生する。

アルミニウムは、水と反応して、可燃性の水素ガスを発生します。

  • 空気中の分やハロゲン元素により、自然発火する危険性がある。
  • 燃焼すると、酸化アルミニウムを生成する。
  • 粉じん爆発の危険性がある。

火災予防の方法

  • 火気、水分、ハロゲン元素を避ける。
  • 密栓して保存する。

消火の方法

  • 乾燥砂金属火災用粉末消火剤による窒息消火を行う。

スポンサーリンク

亜鉛粉 Zn

亜鉛粉(あえん ふん)は、アルミニウム粉と似た性質を持っていますが、危険性はやや低いです。

特徴

  • 灰青色(はいせいしょく)の粉末である。
  • 水より重い。(液比重7.1)
  • にもアルカリにも溶け、水素を発生する。(両性金属である。)

亜鉛は、酸ともアルカリとも反応します。

  • と反応して、水素を発生する。

亜鉛は、水と反応して、可燃性の水素ガスを発生します。

  • 空気中の分と反応して、水素を発生する。
  • 空気中の分やハロゲン元素により、自然発火する危険性がある。
  • 燃焼すると、酸化亜鉛を生成する。
  • 硫黄と混合したものは、加熱すると硫化亜鉛を生成する。
  • 粉じん爆発の危険性がある。
  • アルミニウム粉より危険性は低い。

火災予防の方法

  • 火気、水分、ハロゲン元素を避ける。
  • 密栓して保存する。

消火の方法

  • 乾燥砂金属火災用粉末消火剤による窒息消火を行う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク