図解でわかる危険物取扱者講座

ニトロソ化合物

ニトロソ化合物

ニトロソ化合物とは、ニトロソ基(-N=O)をもつ有機化合物のことです。

火災の危険性の他、発がん性の強い物質としても知られています。

スポンサーリンク

代表として、ジニトロソペンタメチレンテトラミンの特徴、火災予防の方法、消火の方法を見てみましょう。

ジニトロソペンタメチレンテトラミン(DPT) C5H10N6O2

  • ジニトロソペンタメチレンテトラミンの構造式
  • ジニトロソペンタメチレンテトラミン

ゴムの起泡剤(きほうざい)として用いられている物質です。

特徴

  • 淡黄色(たんこうしょく)の粉末である。
  • 水、アルコール、アセトンベンゼンに少し溶ける。
  • 約200℃で分解し、ホルムアルデヒドアンモニア窒素に分解する。
  • 強酸有機物と接触すると発火する恐れがある。
  • 加熱衝撃を与えると、爆発的に燃焼する危険性がある。

火災予防の方法

  • 加熱、衝撃、摩擦を避ける。
  • 酸との接触を避ける。

消火の方法

  • 水または泡による消火を行う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク