図解でわかる危険物取扱者講座

鉄粉

鉄粉

このページでは、危険物に指定されている「鉄粉(てっぷん)」についてお話します。

鉄の粉が、危険物と言ってもピンと来ないかもしれません。

確かに、は、鉄板のような塊状では通常、燃焼することはありません。しかし、粉末状になると、酸素との接触面積が増えるため燃焼しやすくなります。(参考:燃焼の難易

スポンサーリンク

実は、使い捨てカイロには鉄粉が使われており、発熱して温かくなるのは、この原理を用いています。

消防法では、鉄粉について次の様に定義しています。

目開きが53μmの網ふるいを50%以上通過する鉄の粉

鉄粉と鉄の塊

したがって、通過する鉄粉が50%未満の場合は、消防法上の鉄粉では、ありません。

スポンサーリンク

鉄粉 Fe

特徴

  • 灰白色(かいはくしょく)の粉末である。
  • 水より重い。(液比重7.9)
  • に溶け、水素を発生する。

鉄は、酸と反応し水素を発生します。

  • 強磁性体(磁石にくっつく物質のこと)である。

鉄は、強磁性体です。

  • 加熱すると、発火する危険性がある。
  • 燃焼すると酸化鉄(Fe2O3)になる。
  • と接触すると、発火する危険性がある。

鉄粉は、水と反応し発火する危険性があります。

火災予防の方法

  • 火気、加熱、湿気を避ける。
  • 密栓して保存する。

消火の方法

  • 乾燥砂金属火災用粉末消火剤による窒息消火を行う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク