図解でわかる危険物取扱者講座

ハロゲン間化合物

ハロゲン元素

ハロゲン間化合物(ハロゲンかん かごうぶつ)とは、2種類のハロゲン元素でできた化合物の総称です。

なお、ハロゲン元素とは、ふっ素(F)、塩素(Cl)、臭素(Br)、よう素(I)等のことを指します。

スポンサーリンク

ここでは、「ふっ素と臭素」、「ふっ素とよう素」のハロゲン間化合物を確認していきます。

どちらの化合物も水と反応すると、有毒ふっ化水素を発生させるため、水ではなく乾燥砂粉末消火剤で消火します。

ちなみに、水と反応したとき(臭化水素やよう化水素ではなく)ふっ化水素が発生する理由は、ふっ素原子の電気陰性度が、臭素原子やよう素原子のそれよりも大きいためです。

ハロゲン元素の電気陰性度は、F>Cl>Br>Iの順に大きくなります。

また、ハロゲン間化合物は、ふっ素原子を多く含むほど反応性が高くなる傾向があります。

それぞれの化合物の特徴、火災予防の方法、消火の方法の詳細は、次のようになります。

三ふっ化臭素 BrF3

三ふっ化臭素

三ふっ化臭素(さん ふっか しゅうそ)は、核燃料において六フッ化ウランを得るのに用いられます。

特徴

  • 無色の液体である。
  • 空気中で発煙する。
  • 低温で固化する。
  • 水と激しく反応し発熱有毒ふっ化水素を発生させる。
  • 可燃物と接触すると自然発火することがある。

火災予防の方法

  • 水、可燃物との接触を避ける。
  • 密栓して保管する。

消火の方法

  • 乾燥砂または粉末消火剤を用いる。

スポンサーリンク

五ふっ化臭素 BrF5

五ふっ化臭素(ご ふっか しゅうそ)は、フランのフッ素化剤などとして用いられています。

特徴

  • 無色の液体である。
  • ほとんど全ての元素、化合物と反応する。
  • 水と反応し発熱有毒ふっ化水素を発生させる。
  • 揮発性がある。

火災予防の方法

  • 水、可燃物との接触を避ける。
  • 密栓して保管する。

消火の方法

  • 乾燥砂または粉末消火剤を用いる。

ページのトップへ戻る

五ふっ化よう素 IF5

特徴

  • 無色の液体である。
  • 金属、非金属と反応する。
  • 水と激しく反応し、有毒ふっ化水素よう素酸を発生させる。

火災予防の方法

  • 水、可燃物との接触を避ける。
  • 密栓して保管する。

消火の方法

  • 乾燥砂または粉末消火剤を用いる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク