図解でわかる危険物取扱者講座

臭素酸塩類

臭素酸と臭素酸塩類

臭素酸塩類(しゅうそさんえんるい)とは、臭素酸(HBrO3)の水素を金属や他の陽イオンで置換した化合物のことです。

化学式ではMBrO3(Mは金属または他の陽イオン)と表すことができます。

スポンサーリンク

代表的な物品として臭素酸カリウムの特徴、火災予防の方法、消火の方法を見ていきましょう。

臭素酸カリウム(ブロム酸カリ) KBrO3

カリウムの臭素酸塩(臭素酸のカリウム塩)です。

ブロム酸カリともいいます。

髪にパーマをかけるときに使うパーマ液や食品添加物として用いられることがあります。

特徴

  • 無色の結晶性粉末である。
  • 水より重い。(比重3.3)
  • 水に溶ける。
  • アルコールに溶けにくい。
  • アセトンに溶けない。
  • 吸湿性がある。
  • 加熱すると分解し、約370℃酸素を発生する。

臭素酸カリウムは、約370以上で分解します。

  • 衝撃によって、爆発の危険性がある。

火災予防の方法

  • 加熱、衝撃、摩擦を避ける。
  • との接触を避ける。

消火の方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク