図解でわかる危険物取扱者講座

簡易タンク貯蔵所

簡易タンク貯蔵所

簡易タンク貯蔵所とは、簡易貯蔵タンクで危険物を貯蔵、取り扱う施設のことです。

上の図のように、電動式給油設備手動式給油設備があります。

スポンサーリンク

次のような基準が設けられています。

構造の基準

設置場所

  • タンクを専用室に設ける場合、タンクと壁の間には0.5m以上の間隔を保つ。
  • タンクが移動しないように固定する。

タンク

  • タンクの容量は、600L以下とする。

タンクの容量は最大で600Lまで

  • タンクの数は、3基以下とする。(ただし、同一の危険物は1基までとする。)

タンクの数は3基まで(ただし、同一の危険物は2基までとする。)

  • タンクは、厚さ3.2mm以上の鋼板を用いる。
  • 錆止めの塗装をする。

設備の基準

通気管(つうきかん)

  • タンクに通気管を設ける。
  • 通気管は、地盤面から1.5m以上の高さとする。

簡易タンク貯蔵所の通気管

スポンサーリンク

スポンサーリンク