図解でわかる危険物取扱者講座

給油取扱所 - ガソリンスタンドってどんな施設?

給油取扱所(ガソリンスタンド)

給油取扱所とは、給油設備で自動車等に危険物を給油する施設のことです。

給油取扱所は、一般的にはガソリンスタンドと呼ばれています。

スポンサーリンク

次のような基準が設けられています。

位置の基準

給油空地(給油や自動車の出入りに必要な空地)

  • 間口10m以上、奥行6m以上が必要である。

構造の基準

タンク

  • 専用タンクの容量は、無制限である。
  • 廃油タンクの容量は、10,000L以下である。

設備の基準

設置できる建築物

  • 給油、詰め替え、点検、整備、洗浄のための作業場
  • 業務を行うための事務所
  • 店舗、飲料店、展示場(給油取扱所に給油のために出入りする者を対象としたもの)
  • 関係者が居住するための住居

塀、壁

  • 周囲に耐火構造または不燃材料でできた高さ2m以上の塀または壁を設ける。

スポンサーリンク

スポンサーリンク