図解でわかる危険物取扱者講座

ナトリウム

ナトリウム

ナトリウム(Na)は、イオン化傾向が大きいため、酸化されやすく水と激しく反応する性質をもっています。

ナトリウムのイオン化傾向

スポンサーリンク

特徴、火災予防の方法、消火の方法は次のようになります。

ナトリウム Na

ナトリウムランプやNaS電池(なす でんち)の負極などとして用いられています。

水を掛けると発火・爆発する恐れがあるため、火災の際は乾燥砂を掛けることで窒息消火します。

特徴

  • 銀白色の固体である。
  • と激しく反応し、水素を発生する。

ナトリウムと水の反応

  • ハロゲン元素と激しく反応する。よって、ハロゲン化物消火剤は使用できない。
  • 皮膚に触れると炎症の原因となる。

触ると危険!

  • 空気中に放置すると自然発火する危険性がある。
  • 融点以上に加熱すると、黄色をだして燃焼する。

ナトリウムの炎色反応

スポンサーリンク

火災予防の方法

  • 貯蔵する場所の床面は、湿気を避けて地面よりも高くする。
  • 空気中の水分を避けるため、小分けして灯油中に保存する。

ナトリウムは、石油中に保存する。

消火の方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク